狂神トミノ

トミノ【出身地:日本】

 日本を代表する演出家のひとり。アニメの原作・監督・脚本のみならず、主題歌の作詞や小説執筆など、仕事の幅は広い。

 日本大学芸術学部を卒業後、虫プロに勤務。『鉄腕アトム』などを手がけたのち、フリーに。以降、『機動戦士ガンダム』『伝説巨神イデオン』など、数多くのアニメの原作・総監督として活躍。テレビアニメに作家性を託した第一人者として知られるようになる。また数々の過激な発言で、今なおファンを魅了し続けている。
 富野アニメのキャラクターは劇中で次々と死んでいくことから、誰が呼んだか「皆殺しの富野」という異名を持つ。

狂神ヒトラー

ヒトラー【出身地:ドイツ】

 アドルフ・ヒトラー。極端な民族主義と、反ユダヤ主義で知られる、ドイツの政治家。典型的な独裁者と言われる。ヒトラーの演説は聞く者の心を強く引き込むものであったらしく、その魅力で多くの党員を獲得したという。

 ヒトラーはドイツの敗北が濃厚となるなか自殺したとされるが、その一方で、ヒトラーは国外に逃亡したなどとする生存説も囁かれている。そうした影響を受けてか、日本の漫画やゲームの中でもときおりヒトラーは見られる。例えば少年サンデーで連載されていた漫画『スプリガン』においては、クローン技術の力により、記憶があやふやになりながらも、ヒトラーが復活を遂げるというエピソードがある。

 ヒトラーは占星術を信奉し、数多くの占星術師たちから助言を得ていたという。それに対抗すべく、ルーズベルト米大統領も第二次世界大戦時は占星術の専門家を起用するなどしていたらしい。

狂神マオ

マオ【出身地:中国】

 毛沢東。中華人民共和国建国の父。共産主義国の建設に力を注いだ。

 毛沢東は思想統制を続けていく中で、1960〜1970年代にかけて『文化大革命』という大殺戮をおこなった。共産党指導部による権力闘争を兼ねたこの大殺戮により、毛沢東は党幹部から庶民にいたるまで、国民2000万人を虐殺した(それ以上とする説もある)。

 ちなみに日本の大手新聞社である『朝日新聞』はこの大殺戮を肯定しており、事実、文革時は日本の新聞社の中国支局はすべて閉鎖され、特派員は追放されたのだが、朝日新聞社だけは例外的にそれを逃れたといういきさつがある。