魔人天邪鬼

天邪鬼【出身地:獣人界】

 アダルトアニメ『超神伝説うろつき童子』の主人公。半獣人。3000年に一度人間界よりよみがえり、人間界・獣人界・魔界を統べるという「超神」を捜している。超神を捜すために300年間もうろついているが、少なくとも大正時代以降からはまるで歳をとっていないかのように容姿に変化がない。

 見た目は中学生くらいで、普段は関西弁を使う少年。好戦的な性格で、ひとたび戦いが始まると、妖術の数々で敵を倒す。原作漫画版では普段から乱暴・残酷な性格を持ったキャラクターだったが、アニメ版では戦闘シーン以外でそのような一面を出すことはない。敵を攻撃する術に長けるばかりでなく、腕が噛みちぎられるなどの重症すらもすぐに治癒してしまうほどの不思議な力を持っていて、ほとんど無敵に近い。

魔人テツオ

テツオ【出身地:ネオ東京】

 ビックバンにより解放された、「大きな力」がもたらす人類の進化の選択肢のひとつの結果。宇宙の記憶による進化は、鉄雄に大きな力をもたらした。その力が、回帰の姿となり顕れたと考えられる。

 “力”に目覚めた鉄雄であったが、“力”の急激な成長に身体と精神がついていけず、このような結果をもたらした。赤子のような外見と、グロテスクな肉体が特徴である。この肉体は、あたかもアメーバのように動き、獲物を察知しては縦横無尽に伸縮し、生物を取り込む。原作漫画版では肉体崩壊後も一時的にではあるが人間の姿を取り戻しており、そのときは失われた右手が再生するなど、自己再生・自己進化の能力がケタ外れに顕れていたようである。自我が完全に崩壊してしまってからは、より大きな力を得るためすべてを喰らい尽くす肉塊となった。

魔人カゲキヨ

カゲキヨ【出身地:日本】

 ナムコから発売されたアクションゲーム『源平討魔伝』の主人公。実在した平家の武者であり、正式には「平景清」と書く。

 「壇ノ浦の戦い」で源氏に敗れた平家であったが、怨みを晴らすため景清は地獄より黄泉返り、源頼朝を討つべく鎌倉へと走る。道中景清の行く手を阻む者は魑魅魍魎にはじまり、源義経、武蔵坊弁慶、なぜか琵琶法師、そしてハイパー化した(?)源頼朝その人である。

 ビッグモード時の景清のかっこ良さはもちろん、個性的な敵キャラクターが次から次へと襲ってくるため、なかなか忘れることのできないゲームである。イラストに見る、主人公とは思えない景清のドギツイ顔も印象深い。

魔人だいそうじょう

だいそうじょう【出身地:不明】

 真言密教の祖、弘法大師空海は、自ら寿命を悟り、五穀断ちをして入滅し、死後も身体が腐らなかった。これぞ即身成仏の証とされ、以後ミイラ化する救世僧が生まれた。

 大僧正は密教の位ではないが、俗にそう呼ばれたのだろう。

魔人ペイルライダー

ペイルライダー【出身地:不明】

 『黙示録』に書かれた、世界の終末に現れる四人の騎士のうちのひとり。神の小羊が解く第四の封印によって呼び出される、青ざめた(Pale)馬に乗った(Rider)死神である。地上の1/4を戦争と飢餓と疫病で獣で殺す。

魔人デイヴィッド

デイヴィッド【出身地:不明】

 ヨーロッパ全土には、ジプシーの旅芸人が放浪していた。彼らの中でバイオリンを狂ったように奏で、人々を惑乱と陶酔に誘う者がいた。彼は人ならず魔性の者であった。骸骨のバイオリン弾きは、死の舞踏を舞わせる。

魔人ときのおきな

ときのおきな【出身地:不明】

 時の翁。死神のひとりである。手の砂時計は時を支配すると同時に、人の生死をも左右する。

 彼は自己の楽しみのために死を与えるのではなく、人の命を見切り、死期が近づくと迎えに来るわけだ。彼の持つ砂時計は絶対であるが、万が一彼を倒し、実体化が失われる前にその砂時計を逆に傾ければ、定められた運命も逆転するかもしれない。

魔人ライカーガス

ライカーガス【出身地:リルガミン】

 『Wizardry#4 The Return of WERDNA』に登場する悪魔(アンデッドではない)。LV10の魔方陣から召喚できる、頼りになる下僕のひとり。

 その貧弱な見た目とは裏腹に、多彩な特殊攻撃でワードナをサポートする。トライエースが開発したPS用ゲームソフト『ヴァルキリープロファイル』にも同名のモンスターが登場するが、ウィザードリィから拝借したものであろう。さて彼についてだが、実のところその詳細は不明である。ただ判明していることは、ライカーガスという名前はギリシアではわりとポピュラーな人名で、男性の名前としてよく使われるというものらしい。古代ギリシアにも何人か実在しており、そこから引用し作り上げた、ウィザードリィのオリジナルモンスターでは?というのが今のところ有力な説のようだ。

魔人ミフネ

ミフネ【出身地:リルガミン】

 『Wizardry#3 Legacy of Llylgamyn』に登場した謎の侍。その風貌から感じ取れるように、彼は剣の達人である。彼の名前には諸説あり、その名は侍としての称号、あるいはその強さからいつしか映画俳優の名前で呼ばれるようになったもので、実名ではないという。

 今日も彼は迷宮で出会った幾多の戦士たちの首を、血を啜る妖刀「MURAMASA BLADE!」で一撃のもとに斬りはねていることだろう。彼がなぜ戦い続けるかは不明であるが、一説によれば彼は敗北を求めているのだという。

魔人アモン

アモン【出身地:日本】

 永井豪原作『デビルマン』の主人公、不動明(ふどうあきら)が悪魔に変身した姿。

 気弱な読書少年・不動明は、ある日飛鳥了の邸宅で太古の生物である悪魔の存在を知る。そして悪魔の野望を知り、悪魔に対抗すべく悪魔召喚儀式サバトに参加、悪魔との合体を試みるのだった。召喚儀式の最中、他人に乗り移った悪魔に殺されそうになった明だが、その瞬間、身体にアモンが乗り移った。普通悪魔に乗り移られると、精神も身体も悪魔そのものになってしまうが、明は人間の心を保ったまま、悪魔の力を得ることに成功する。

 このデビルマンは『少年マガジン』に連載された漫画版であり、テレビアニメ版とはタイトル以外は別物であることをつけ加えておく。

魔人エンドラ

エンドラ【出身地:神聖ゼテギネア】

 1993年にQUESTより発売された『伝説のオウガバトル』に登場するキャラクターのひとり。神聖ゼテギネア帝国の女帝。

 自らを全知全能と誇り、武力による支配構造を築くも、最期は反乱軍の前に倒れた。結局のところ彼女は魔導師ラシュディの手駒のひとつにすぎなかったようだ。

魔人ミカエル

ミカエル【出身地:イスラエル?】

 『極上パロディウスだ!』に登場する、プレイヤー機のひとり。ちなみに2Pはガブリエルという黒豚になる。

 度重なる下界の乱れに業を煮やした神様が送りこんでしまった神の使い。立派な眉毛が自慢の237歳である。